読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

ストレス耐性の低さが露見した

雑記

先日の夜のことだけど、久々に映画が見たくなって、Netflixでホラー映画を見た。『REC』というモキュメンタリー手法で撮られた映画で、アパートに閉じ込められた数人がゾンビっぽい化物(初見ではどう見てもゾンビなんだけど、実際にはゾンビじゃないのでこういう書き方になる)に襲われて逃げまどうという話だ。

僕はずっと緊張しながら見ていた。で、見終えたあとに就寝したわけなのだが、翌日、昼近くの午前中に目覚めて、その後も眠気が取れなくて二度寝して、結局3時過ぎに起きるという結果になった。

どうしてこうなったのか、と考えたわけだけど、やっぱり昨夜のホラー映画鑑賞が原因としか思えない。

脳が睡眠を欲するのは、ストレスをやわらげるためだという。つまり、僕はホラー映画の鑑賞に相当なストレスを受けていたことになる。自分ではそんな気はまったくしなかったし、実際に以前はそんなことまったくなかった(ホラー映画を鑑賞したあとでも普通に眠れた)。

どういうことだろう?

答えはひとつ。うつ症状が発生してから、僕のストレス耐性が低くなってしまった、ということだ。

普段、僕はなるべくストレスを避けるように行動しているわけだけど、こうまで耐性が低いのはさすがに問題だと思った。なので、今後はもう少し耐性を上げていことを念頭に行動しようと思う。

ストレス耐性を上げるためには、ストレスの原因から逃げないことが一番重要だ。社交不安障害で電車に乗ることがつらい人はどうするのかというと、自分にできる範囲で電車に乗ることでストレスに慣らしていく。僕は電車は大丈夫だが、やはり別なところでストレスを感じるシーンは多い。特に、他人との会話が苦手だ。

しかし、今後は徐々にそうしたことに慣れていかなければ。そしてストレス耐性を上げる。もっとホラー映画を見るのもいい訓練になるかもしれない。

もちろん、ストレスを受けたら、次はストレスを解消することも大切だ。そのバランスを見極めていきたい。