読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

アメリカのゲーム会社がADHDを治療するためのゲームを開発中らしい

ゲーム

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アメリカのとあるゲーム開発会社が、ADHDを治療するためのゲームを開発中らしい。

jp.wsj.com

上記の記事によれば、ゲームを開発しているのは「アキリ・インタラクティブ研究所」という会社で、既にベンチャーキャピタルから3050万ドルを調達しているという。

詳しいゲーム内容は不明だが、リンク先の画像と文章を読むに、障害物を避けて特定のアイテムをゲットしていくアクションゲームのようだ。

注目すべきは、「同社は調達した資金を使って、このビデオゲームの大掛かりな臨床試験を行う計画で、2017年には米食品医薬品局(FDA)から認可を得ることを目指す」という点で、かなり本気であることがうかがえる。

ADHDとは、注意欠陥・多動性障害のことで、もの凄く簡単に説明すると「極端に集中できない」障害のことだ。落ち着かない、衝動的に行動してしまう、忘れ物が多い、時間管理ができない……等々。もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトを見てほしい。マンガ形式でADHDについて学ぶことができる。

adhd.co.jp

そんなADHDがゲームで治療できるのか。専門的なことはわからないが、ゲームも脳に刺激を与えていることはまちがいため、可能性はあるように思う。今後の研究に期待したい。