読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

夕方に胸がざわざわする

雑記

今日は診察の日だったので、医師と話したことや最近の状態などをメモ代わりにレポートしておく。

1ヶ月前に薬を減量した。そのせいかもしれないが、また鬱症状が悪化してきた。夕方くらいになると胸がざわざわして気持ち悪くなってきて、ベッドで横になることが多くなった。また、睡眠時間もだんだん増えてきて、最近は1日10時間は当たり前、酷いときは12時間も眠っている日がある。

そういうわけで、今回、また薬を増量することになった。

前回の診察では、次の仕事を探してみるという話をしたが、実際に求人情報を見ていると、どれもできる気がしない。まったく自信がない。それどころか、求人情報を見ているだけでも気持ち悪くなってくる。たぶん、これも鬱症状が悪化した原因のひとつだろう。

どうやら、まだ社会復帰には早いようだ。医師からは、毎日のなかで少しずつ達成感を得ることが大切だと言われた。僕が達成感を得られるものというと、ぱっと思いつくのはブログを書いたり小説を書いたりしているときだ。実際、何かを執筆しているときは嫌なことを忘れられるので、これらは今後も続けていくつもりだ。とはいえ、執筆活動は家のなかでもやれるので、生活が引きこもりがちになってしまう弱点がある。何か、外の活動で達成考えられるものがあればいいのだが……。

と、今回の診察はこんな感じだった。次回の診察は新年になるわけだが、2016年も良くなる見通しは全然ない。最悪、死ぬ可能性も考えておくべきだろう。