読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチを購入する人は、ニンテンドーアカウントを設定しておこう

ゲーム

「ニンテンドーネットワークID」ではないので注意。

これまで3DSやWiiUのアカウント管理には「ニンテンドーネットワークID」が使用されてきたが、次のニンテンドースイッチからは新たに導入された「ニンテンドーアカウント」で管理するようになる。

そのため、まだ「ニンテンドーアカウント」を取得していない人は、今のうちに設定してしまおう。

続きを読む

グリット(やり抜く力)とは、地道にコツコツ努力を継続すること

読書

『やり抜く力 GRIT』という本を読んでいる。GRITは「グリット」と読むそうだ。

僕がこの本を購入したのは、もちろん「やり抜く力」を得たいからだ。

現在、僕は鬱を患っている。そのせいで集中力が続かない。調子がいいときは1時間くらい書き続けることもできるが、逆に悪いときは1分で限界が来る。平均すると10分から15分といった感じだ。

なんとか集中力を伸ばす方法はないのか……そのヒントが欲しかった。

続きを読む

ルーク・ケイジ シーズン1 第7話「本当の自分」レビュー

ルーク・ケイジ

「傲慢な態度をやめて手を汚せってことだ」


Netflix限定オリジナルドラマ、『ルーク・ケイジ』のあらすじと感想。今回はシーズン1の第7話。

前回のレビューはこちら。

www.usamihiro.info

続きを読む

アイデア本の決定版──『アイデア大全』のすすめ

読書

『アイデア大全』という本を買った。これが実に素晴らしい内容で、アイデア本の決定版だと思った。

実用的なだけでなく、読んでいて面白い。内容もわかりやすくまとまっている。表紙もクールだ。欠点が見当たらない。

多くの人に読んでもらいたので紹介しよう。

続きを読む

名作小説の映画化もまた名作だった──映画『沈黙 -サイレンス- 』感想

映画

少し前に、映画『沈黙 -サイレンス- 』を鑑賞してきた。名作小説の映画化であるが、本作もまた名作だった。素晴らしいとしか言いようがない。

原作の『沈黙』は、遠藤周作による、江戸時代のキリシタン弾圧を描いた小説。僕は学生時代にこの小説を読み、そこに込められた深い精神性に打ちのめされた。人生観に影響を与えたといっても過言ではない。そのため、今回の映画化の話を聞いたときから大きな期待を寄せていた。

監督は、名作『タクシードライバー』で有名なマーティン・スコセッシ。この小説のファンだったという。ウィキペディアの情報によれば、少年時代はカトリックの司祭を目指していたらしい。そういう背景もあってか、本作の出来は並々ならぬものになっている。

ちなみに米タイム誌は、2016年の映画トップ10の第5位に本作を選んだ。

eiga.com

続きを読む

スポンサーリンク